糖尿病に必ず効くサプリ|メタボ体型からの脱却

夫婦

糖質の体内吸収を穏やかに

現代日本では生活習慣病への対策が必要であり、糖尿病四号には健康食品のサプリを利用する習慣が前向きです。多くの人が生活習慣病への対策に関心を持っているので、糖尿病サプリは血糖値を急上昇させないような成分配合を選びます。

婦人

隠れ高血糖を改善

最近増えているのが隠れ高血糖です。食後2時間の血糖値が正常値から高く、そのままの状態を維持してしまうと糖尿病へと発展してしまう可能性が高いようですので、日頃から予防していく必要があります。そこで役立ってくれるのが糖尿病サプリです。

サプリメント

血液の状態を正常に

糖尿病は一度なってしまうとずっと血糖値のコントロールをしなくてはいけなくなり、様々な病気の原因ともなる厄介な病気です。薬とは違って手軽に摂取出来るとして糖尿病サプリが人気となっていますが、その効果を高めるためには胃腸が活発に働き吸収率が高まる食後に摂取するのが効果的です。

タイプも成分も複数ある

サプリ

原材料や成分の違い

糖尿病に良いとされるサプリの中に、菊芋を使用したものがあります。イヌリンという天然のインスリンともいわれている成分が菊芋には含まれていて、血糖値を改善してくれるとされています。このイヌリンの研究は大学で行われていて、実際に改善効果があったという結果が残されています。ポリフェノール系の成分も血糖値が高めの人に良いとされるサプリとして売られています。糖をゆっくりと吸収させるタイプのため、糖尿病対策として飲むのであれば食前に飲むようにします。製品によっては特許成分ネオコタラノールというサラシアから作られる成分を利用したものもあります。田七人参も糖尿病改善に期待できるサプリとして注目を浴びています。この田七人参にはサポニンがたくさん含まれています。サポニンは腸で吸収されたブドウ糖が脂肪と結びつくのを防止してくれるので、脂肪が蓄積されるのを抑えてくれる効果も期待できます。血の巡りを良くしたり血栓を防ぐなど動脈硬化にもいいとされています。血糖値対策のサプリとして、細胞に取り込まれた糖そのもののの燃焼を促すタイプもあります。5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)を利用したサプリです。糖尿病対策としてだけではなく、代謝機能のアップも期待できます。桑の葉から抽出されるDNJという成分も糖の吸収を抑えてくれる働きがあるとされており、企業による研究が続けられています。桑には他にもビタミンやミネラルなど豊富な栄養素が含まれています。血糖値が高くなるような乱れた食生活をしがちな人にとって使えるサプリです。